スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

食糞キング。Part2

食糞話の続き。

前回は、色々と導入した対策グッズについてでしたが、今回はどの時期にどんな対策をしたかを記録しようと思います。

まずは我が家に来た2ヶ月〜4ヶ月の時期。
この頃は、ほんっとにしょっちゅう食べてました。
わたしが見ていないときにウンチョスをした場合は、食べるか、踏み荒らすかのどちらか。
毎日洗濯機を回していた記憶があります。

この時期のフードは、ドライフードオンリー。Now!だったかな。。。
ゴートミルク、フンロップ導入でしたが、全く改善は見られず。

とにかくトイレにいくまでストーカーのように付け回し、速攻でウンチョスを取る、が生活の全てでした。
おやつで釣るのも、一人ではなかなか難しかったなあ。

4ヶ月期に、森のサプリという商品と出会い、導入。
これがそこそこ効果あり。
ウンチョスの色が黒くなるので、色による健康の判断にはちょこっととまどうけど…。
あと、全く食糞しなくなった訳ではないので、たまに食べてるのに気づいて無理矢理口の中を掃除すると、
真っ黒なウがへばりついてて、これは恐ろしい精神攻撃でした。
この直後、1回目の骨折をしてしばらく、食糞どころの騒ぎではなかったのですが、
確かこの頃から食糞の意図が、「おやちゅ」から「嫌がらせ」に変わった気がします。

ここから6ヶ月期までは、この嫌がらせとの戦いで精神的に参っていた気がします。
この頃のブログを見ると、相当ストレスだった様子。

「正直、どんなやり方をしても治らない。ちゃんとトイレできるときはできるのに、
ちょっと自分が無視されてたり、わたしの目が離れたりするときには絶対にやる。
こいつ、なんでだか知らないけどウンチョスを自在に操れるんですよ、
決まった時間に全部出す訳じゃないの!
多分、非常食として体内にちょっと取っておいてるんだと思う。
だから、わたしが食事してる時にあわせて、自分もこそっとトイレに行ったり、
ちょっと無視されてわたしが仕事に集中してるとこっそりトイレに行って、おやつタイムだったり、
超フリーダム!!ほんっっとうに腹が立つ。
今日の昼も、明らかに無理矢理ひねり出してたもん。ほんのちょこっとだけ。」

って書いてあった。

この時期は、わたしの怒り方も半端無くて、
食糞してるのを見つけたときには新聞紙丸めて壁や床をバンバン殴ったり、雑巾投げつけたり、
というひどい怒り方をしてたと思います。
ステラの場合、オチリをいくらひっぱたいても効果0なので、大きな音を出すのが効果的だったんですが、
そのトラウマか、今でも新聞紙がガサガサいうと逃げていきます…。

ブログで色々とアドバイスを頂き、とにかくご褒美作戦と、消化を上げる作戦を同時に遂行することにしました。

ご褒美作戦は、母に協力してもらい、
ウンチョスをしたら、し終わってウンチョスに戻る前にステラを呼ぶか押さえてもらい、おやつを上げる。
その隙に私がウンチョスを捨てる。
シンプルですが、2人がかりでやらないと失敗します。

消化を上げる作戦は、ご飯をドライフードから生食に変更すること。
とにかく吸収をよくして、ウンチョスはカスしか出ないようにし、
美味しくないもの、と認定させることに注力しました。

生食とドライフードの半々でご飯を上げていたのですが、ドライフードも匂いが少ないオーガニック系に切り替え、
DOX→ソルビダ→ホリスティックレセピーとジプシーしています。
この組み合わせはステラにはかなり効果ありました。

この頃のご飯の一例。

ウンチョスを美味しくなくさせるために、生骨をモリモリ食べさせ、ウンチョスを超固くしてみたりもしました。
痔になりそうなくらい踏ん張ってウンチョスしてたのが哀れでしたが…。


更に、わたしの仕事場が実家からわたしの自宅に移り、トイレを常に見張れる環境になったのも大きな要因でした。
トイレしたらとにかく「ステちゃん!ご褒美!」でトイレから出させ、
待たせてウンチョスの始末、それからご褒美のおやつ。
これでウンチョスとご褒美が頭の中で結びついたようです。

また、大人になるにつれてウンチョスタイムも大体読めるようになってきて、
更にそれがお散歩タイムと重なってきたため、お散歩中にウンチョスをすることが多くなり、
当然食糞もできなくなります。
そんな要因が重なり、自然と関心も薄れていったようでした。

わたしがいない間にウンチョスして、それがそのままトイレにあったのを見たとき、本当に感動しました。

結果、10ヶ月期には食糞はほぼしなくなり、11ヶ月期には、完治宣言しています。

はっきり言って長い戦いだったし、
嫌がらせ食糞に関しては結局効果のある対策を立てられないまま、食糞が治まった、
というのが正直なところなのですが、
やはり胃腸の調子を安定させ、吸収を上げる、というのは効果的だったと思います。

わたしが行った対策が、確実な効果があるかどうかはわかりませんが、食糞で悩む方の1つの参考になれば、と思います。

「もう、ウンチョスなんて食べないでしよ!」

書いた人:ナツミ。

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 09:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ママチョスを心から尊敬します(`_´)ゞ私も怒ったりしてみたけど、最終的にあきらめ、もう食べちゃえば〜?みたいになってましたorz
壮絶な戦いでしたね、、、(`_´)ゞ
  • まよこ
  • 2011/06/16 8:50 PM
『わたしがいない間にウンチョスして、それがそのままトイレにあったのを見たとき、本当に感動しました。』

このフレーズみてうちもあったあった!と思い出しました。
なぜなおったのかはあんまり覚えてないんですけど
オチッコの方に移行したからかもしれない・・・><

けどやっぱりある時期を過ぎるとほとんどの子が
やらなくなりますよね!
通過しなければならない道だったりするのかなぁ

毎度毎度わかりやすい記事ありがとうゴザイマス!
  • taco
  • 2011/06/16 11:06 PM
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM