スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

予想外の多頭飼い

JUGEMテーマ:イタグレ
 



いつまでたっても縮まらないフタリの距離。。。

イタグレを飼ってる方は何頭か一緒に飼われてる方が多いですよね。
そんな多頭飼いの方々のblogを見て、我が家でもいつかは多頭飼いしたいなぁと夢みてきました。
寄り添うイタさんたち。。。飼い主がいなくても遊び相手がいる生活。。。ステキ。

飼い主の具合が悪くてかまってあげられない時でも相棒がいれば楽しく過ごせるんじゃないか。
平日に誰もいないランに行っても、一緒に走る相棒がいたら楽しいよね。
と、キャンさんが楽しく遊んでる姿を妄想してた。。。



キャンさんは、飼い主が言うのもなんですけど、
そりゃあもう手のかからないコでカブリモノだって着こなすし、
散歩デビューと時を同じくしてカフェデビューしても問題なく、
遊んでいる時に興奮して吠えることはあっても、日常生活ではほぼ無言で
いるのかいないのか分からないと言われるくらいのコ。
骨折してる時ですら全く手のかからなかったコでした。

オトナになってから多少犬見知りするようになったけど、攻撃的なわけでもなく
多頭飼いをすることに何も問題はないと思ってました。



そして、りっちゃんと出会い、めくるめく多頭飼い生活がスタートしたのです。
・・・めくるめく苦悩の多頭飼い生活が。。。

りっちゃんはキャンさんを迎えた月齢の半分の月齢で我が家に来たってこともあり、
ほんとうにパピーそのもの。
1回目のワクチンを打ったばかりってこともあって「しばらくは隔離してください。」
というショップの言葉に従い、しばらくはケージオンリーでキャンさんとの接触はほとんど無し。
今思うとこれが良くなかったのかもしれない。。。



りっちゃんは何もかもがキャンさんと全然違いました。
今までのイタグレのイメージを覆すような怪獣っぷり。

夜泣きこそしないものの、日中はかまってくれと泣き叫び、
ケージは鉄分を採る為のサプリ。
トイレシートをホリホリして前脚の強化に励み、
ンコは再び腹の中に入れてリサイクル。。。


一日中ガサガサゴソゴソカシャカシャ鳴り響く音。
叱る飼い主の声に蘇る幼少の恐ろしかった記憶。。。
キャンさんすっかりおびえて狭い穴蔵の中で震える日々。。。

無駄吠えを防止する為のガラガラガッシャーン作戦もりっちゃんに効くことはなく、
幼少期にしこたま叩き込まれたキャンさんだけが震えてる状態。

キャンさんが楽しければ良いなぁと思ってりっちゃんを迎えたことで
キャンさんがすごく辛い思いをしてる。
これから楽しく過ごしていくには、りっちゃんにダメなものはダメと教えなければいけない。
それなのに、りっちゃんを叱ることがキャンさんのストレスになってる。。。
正直これが一番堪えました。

「キャンは悪くないよ〜、りっちゃんがイイコになるように怒っとるんやからね」
と抱きしめながら言っても、目もあわせず、逃げていってしまうキャンさん。
こんなにも愛してるのに、届かぬ想い。。。
みんなが幸せになる為に心を鬼にしてやってるのに何故分かってくれない?
今まで心が通じ合ってたのにいきなり回線を切られたかのように通じ合わなくなってしまった。。。
そんな気持ちが涙となって溢れ出ることもしばしば。。。


触れ合いが足りないから未知の怖い生物と思うのではないかと解き放ってみても
りっちゃんのハイパー加減にますますテンパるキャンさん。
骨折を恐れて、ソファには飛び乗ったり飛び降りたりしないように躾けられてきたキャンさんは
ソファに上る時もヨイショッてカンジなのにあっという間に飛び乗っちゃいそうなりっちゃん。



シーツホリホリで鍛えた強靭な足腰でアクロバティックに攻めるりっちゃん。

どちらかというと鈍臭いキャンさんVS運動神経抜群のりっちゃん。圧倒的にキャンさん劣勢です。

うちのコになって1ヶ月以上経っても仲良くならないどころか
だんだん凶暴さを増すりっちゃんに、うちのコより悪いコなんていないんじゃないかと涙したり。

正直、りっちゃんを迎えるにあたって、子育てへの不安はほとんどありませんでした。
すでにキャンさんを育てているのでむしろ自信があったと言っても良いぐらい。。。

ところが、想像を遥かに上回る怪獣っぷりをみせるりっちゃんへの教育と、
キャンさんの心のケアを両立することの難しさは私の自信を奪っていきました。

りっちゃんの名誉の為にいうと、
りっちゃんだけで飼っていたとしたらすごく飼いやすかったと思います。
怪獣だけど、かしこいのでコマンドも入りやすく、
スパルタに躾けてもへこたれない強い心を持っていました。

が、キャンさんの妹分となると話は別です。
あっちをたてればこっちがたたない。
キャンさんに気を遣うあまり、キャンさんの機嫌をとることを優先しすぎて
りっちゃんを上手く躾けられてなかったんだと思います。


イタグレの多頭飼いってこんな風に寄り添ってイチャイチャしてるイメージでしたし、
(以前友達のイタさんを預かったときの図)
同じような時期に多頭飼いを始められたお友達のブログを見てはため息ばかり。。。

何でうちのコたちは仲良くならないんだろうと焦る気持ちだけが大きくなっていきました。
そんな時、ツイッターで
「まだまだパピーなんだから急がずにこれからだよ〜!」
なんてアドバイスをもらって、本当に気持ちが軽くなったんです。

仲良くしてもらってるジャック飼いの友人たちからは
「ジャックに比べたらこんなのかわいいもんや〜。りっちゃんは犬っぽくて良いじゃない」
と言われ(笑)。
「そっか、りっちゃんは犬っぽいんや。キャンさんが犬っぽくないんやな」
と気づいてからは、りっちゃんに対するストレスは激減していきました。
パピースクールに通い出してりっちゃんの良さが見え始めてきたことも大きかったかもしれません。

でもね〜、ここで終わりじゃないんです…



りっちゃんがいなくならないことに気づいたキャンさん、徐々に怒れるオンナに変貌していき…



りっちゃんが近づくだけで歯茎全開ムキーッとキレるようになってしまいました。

怯えてブルブルしてた日々に比べればかなり前進しましたが、
こんなカオりっちゃんがくるまで見たことありませんでした。
飼い主にはどんだけ嫌なことされても、うなることもないのに。。。


キレたキャンさんに噛まれて傷を作ることもしばしば。。。


最近のりっちゃんは、キャンさん以外の犬たちとは比較的仲良く遊べます。
初めはおらおらでも、一度一喝してもらえれば、そこからはなかなか上手に遊べるんです。

りっちゃんのお利口度が上がっていくにつれて明らかになっていくのがキャンさんの不器用さ。
遊びも喧嘩も甘えることでさえ不器用でなかなか上手く出来ないんだなぁと気づきました。
そのせいで、りっちゃんに興味はあっても接し方が分からないんだろうな。。。
そんな不器用なキャンさんがもどかしくもあり、愛おしくもあり。。。
こればっかりは私がどうすることも出来ないので時間が解決してくれるのを待とうと思います。

今だから言えるけど、当初は本当にまいってて、世話するのも手一杯で
りっちゃんをカワイイと思う余裕がありませんでした。
Gさんはじめとして、みんながパピンコらしさにメロメロになってりっちゃんを可愛がる分
私だけはキャンさんを愛し、淋しい思いをさせちゃいけない!という気負いもありました。
(そのせいで写真があんまりない。。。)
りっちゃんが病院にお世話になるようになって、本気で心配してる自分に気づいた時に
やっと本当の家族になれたような気がしてすごく嬉しかったんだよなぁ。
ホント最近のハナシ。。。


で、長々と書いてきましたが、何が言いたかったかというと、
いくら同じ犬種といっても性格や相性っていうものは様々で、
育てる上で道しるべになるものはあっても、絶対の正解は無いんだなぁってこと。
そのコそのコに合う方法を探して、一緒に家族になっていかなきゃいけないんだなぁと改めて思いました。
誰でも悩む可能性はあるし、自分だけは大丈夫ってこともない。
もちろん、すんなり仲良くなる方が多いかもしれないけど、
仲良くなるのに苦労することもあるんですね。

良いところも悪いところもひとつの個性。
そう思えるようになるにはだいぶ時間がかかったけど、
泣きながらも向き合って良かったなぁって思うんです。
そして、一人焦る私を見守って助言をくれた友人やツイッターの仲間たちに本当に感謝してます。
ヒトリで抱えちゃってたらどんどん悪い方向にいってたと思うから。

この「イタわら」がそういう迷える子羊ちゃんをみんなで支えて助け合える
そういう場所になればいいなぁと思っております。です。はい。

ああ、まとまりがないけど。。。irohaでした。


スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 20:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
は〜い!子羊で〜す(笑)

大変だったね。。。皆いろいろな思いをしながら育てているんだな〜ってイタわらが無かったら分からなかっただろうな
これからぱぴっこをお迎えする身としては と〜ってもありがたいよ

irohaさん、子育ても大変なのにありがとね☆
  • tomo
  • 2011/06/09 9:15 PM
お気持ちが手に取るようにわかる記事です!
多頭を夢見るイタ飼いさんは多いと思います。理想と現実、きっとこの記事はみーんなの役に立つよ!
ラッシュとイータもテンションが違いすぎてよくラッシュが怒ってる。i
悩みは共有してみんなで半分こできるよ♪(´ε` )
  • まよこ
  • 2011/06/09 9:15 PM
わかりすぎるくらいわかるから涙しちゃうね〜。
そして、色々思い出すね〜。
我が家もコテちゃんは傷だらけになってたけど、飼い主は2匹目は楽チンでノイローゼも激ヤセもなかったのよ。
でも、やっぱり子育てって大変だよね。
  • あーさん
  • 2011/06/09 9:33 PM
わかるよー。うんうん。
うちもいまだにラブナポ仲良しじゃないし(笑)
それぞれのスタイルでいいのだ!!!(と思うようにしている)
それにしてもイタわらホントすごいよ。
情報量が多くて助かるわ〜
そしてキャンさん、リッカリンをはじめとする
イタちゃん達の愛しいことといったらないねッ!
もちろん飼い主さんもねー!
頑張ってるね〜キャンさんもりっちゃんもirohaさんも。こうやってヒトもイーヌも学習し、悩み(イーヌは悩まないか?)、成長していくんだね。
ワタシもMacがちびの頃は泣いたな〜
毎日傷だらけで、みみずばればっかりになっていく自分の腕。どうしていいかわからなくて、途方にくれたこともあった。ただかわいいってだけじゃダメ。生きてるものと共存していくって、そういうことだよね。
ワタシタチガンバッテル!
キャンさんも少しずつりっちゃんの事認めてくれて、一緒に遊べるようになるよ。みんなゆっくり見守っていくからね(^◇^)
  • まっくちょん
  • 2011/06/09 10:01 PM
irohaさんの苦労、多頭ではないワタシにもズシっとくるものがあり
仕事の手を止めてウルっとしてしまいました…。(仕事しなよワタシ)

そうなんですよね、いろんな性格のわんこがいる。犬種っていうくくりで見てしまったり、先住犬と比較したりしてしまうと(そうゆう意図がなくても…)

本当に大変になった時「こんなハズじゃなかった」ってなってしまいますもん。。

でも犬種ごとの「持っている性格」も半分ぐらいは
ウソじゃなく、ああホントだ!と思うこともあったり。

環境でいろいろ変わるのはわんこも人も共通ですね。
ワタシも多頭ライフに憧れるイタグレの飼い主ですが、愛情や責任(金銭も入れて)
今の住居環境を考えると多頭はできません。。が、イタわらやみなさんのブログを見れば
多頭の感覚を味わえるのでシアワセです☆

キャンさんと、りっちゃん。きっときっと
イタだんごになってくれる日がきますよ!
いつかいい出逢いがあったら・・・と私も思ってるから
すごく現実的に参考になったよ〜
いいことばかりに目がいっちゃってフワフワしがちだけど
すぐに思うような結果がでるとは限らないし
だからこそ乗り越える過程を楽しむくらいの覚悟がいるね〜
ほんとにこれから多頭飼いする人にはいい経験談だと思いました!マルっ!

  • taco
  • 2011/06/10 2:20 AM
うちはどうなんだろう。
じゃれあっているけど、重なって寝る事はなさそうな気がする。

仲がいいのか悪いのか、よく分かりません。
でも、飼い主が気にしすぎるのもいけないかなぁと思い、基本放任主義です。
  • Lady & Earl の 飼い主
  • 2011/06/10 9:14 AM

>tomoさん

自分も含めて、ブログでは良いことは書きやすいけど、ネガティブなことって書きにくいものだもんね。
本当は順風満帆に見えるお宅でも何かしらの悩みとかはあるのかもしれないけど
そういうのが表立って書かれない分、「自分のところだけがおかしいんじゃないか」って余計に悩んじゃったりってあると思うんだ〜。
自分もそうだったし。。。

だからここでは悩み事や泣き言もいっぱい書いちゃえば良いと思うの。
きっと先輩方がアドバイスくれると思うし。
tomoさんはオーナーになる前から良いセンパイたちに巡り会えてて幸せだね〜(笑)。


>マヨちゃん

ラッシュとイータも仲良さそうに見えるけど、やっぱりいろいろあるんやね。
1匹目が大丈夫だったから2匹飼っても大丈夫!
なんて簡単なものじゃなかったって本当に思ったよ〜。

自分だけじゃないって思えることってすごく力になるんだね。
ここで出会えたみんなに本当に助けられてるなぁって思ってるよ。
ありがとね。


>あーさん

そういえばコテちゃん傷だらけになってたね〜。
でも、みっちゃんに対して拒否反応とかはなかったもんなぁ。
コテちゃんエライよ〜。

コテちゃんも大変だったとは聞いてたけど、あそこまでとは思わなかったからちょっとビックリしたよ。
そして頑張ろうと思った。
いつも助けられてるね。ありがと〜。


>ナオミちゃん(えへ。ちゃん付けにしちゃった☆)

うんうん、ラブナポみてて、無理に仲良くさせなくても良いのかもって思ったよ。
キャンさんはキャンさん、りっちゃんはりっちゃん、そういう生き物なんだって思うことにした。
仲良くなってくれるのに越したことはないけど…。(笑)

それにしても、本当に、良い仲間たちに巡り会えたよね。
全然違うところに住んでて、犬が縁で巡り会えて、不思議だけど本当にありがたいって思うわ〜。


>まっくちょん

そうなんだよね〜、生きてる命預かってるんだから、いっぱい悩んで当たり前なのかもしれんね。
そう思ったらもっと悩んでも大丈夫な気がしてきた(笑)。

きっといつかちゃんと相棒になってくれるって信じて頑張るよ。
でもね〜、女同士の戦いは怖いわ〜(笑)。


>Makikoさん

うんうん、頭ではいろんなコがいるのは当たり前って分かってるつもりでも、
比較対象があるとどうしても比べちゃうんだよね。。。

「こんなはずでは〜」ってなった時に手放しちゃうか頑張れるかってのって
案外紙一重な気がする。もちろん責任をもって頑張ってほしいけど、
きっと周りで励ましてくれたり支えてくれる人がいなかったら難しいこともあると思うもん。
飼う前に(1頭でも多頭でも)良いところしか見えてなかったら、
自分だけって思って踏んばれないこともあると思うし。。。

何でも調べたら出てくる世の中になった分、イイコトもワルイコトもちゃんと発信しないといけないのかもね(。-_-。)


>tacoさん

うんうん、乗り越える過程を楽しむ!そう思えるようになったらステキやね。
だから悪イーヌネタも困った経験やら乗り越えた体験談なんかも
みんなにどんどん書いてもらえると嬉しいね。

最悪の状態を知ってたらちょっとの苦労なんてヘッチャラになっちゃうもんね!


>Lady & Earl の飼い主さん

きっと犬どうしのことは犬どうしで折り合いを付けるんでしょうね〜。
シツケも一段落したし、後はフタリで上手いことしておくれ〜ってな感じで放っとけるようになってきました(笑)。
多分それが一番自然なカタチなんだろうな〜。

  • iroha
  • 2011/06/10 12:07 PM
家もだよ〜!
超ハイパーで気の強い妹と犬が怖いお兄ちゃん。

正直、フェリ子がパピーのときはパピー期をぜんぜん楽しむ余裕は無くて、
今だから正直に言うけど、フェリ子を迎えて後悔すらしたもん。
いい子にお留守番は出来ない。
ロケッタに食って掛かる。
気の優しいロケッタは傷だらけで、生傷が絶えなくて。
お家に来て1ヶ月くらいの時、あまりにロケッタがかわいそうで、養女に出そうと思ったくらい。
自分で決意して迎えたつもりだったのに、全然ダメダメで自分のことが嫌いになった。
そんな私の気持ちが伝わったのか、感じるものがあったのか
フェリ子は私の目を見ない子だった。
自分がすごく無責任な人間に思えて仕方が無かったよ。
でも、実はとても甘えん坊でコマンドもちゃんと理解できて目もあわせられるようになって。
だんだん信頼関係が芽生えて、今はかけがえの無い大事な家族。
フェリ子とロケッタはお家の中では喧嘩ばかりだけど、外に居る時はいつも付かず離れず仲良くしてる。
ほかのお家の子みたいに一緒に寄り添って寝ることは全く無いけど、
それなりに相手を認めてるんだなと思うよ。
それに、ロケッタもフェリ子のおかげで、毎日のお留守番はガウガウ楽しんでいるみたい。
いつも仲良く寄り添っている子達を見ると、実は羨ましいと思う。
でも、うちの家族の形はこうだから。
絶対仲良く寒い日は暖めあって寝たりしないけど。
それぞれに大切な家族だよ。
同じ時期に同じようなことでたくさん悩んで、たくさん励ましてもらったきたよね〜☆

うちも未だに距離は微妙です。

疲れ切ってぐったりして寄り添っているトコロを
ここぞとばかりにシャッター押してるから、
仲良いかと思わせつつ、毎日あのやさしい(涙)
そらさんが、しつっこいちきにキレて、
ムッキームッキーやってるのを見てぎゅーっと心が
臓鷲づかみ... イタイYO☆

そらさん、今までどの子にも反撃できないコだったのに..。
まぁ、これでいざという時ちゃんと嫌って言えるかと思いきや、
お友達にはやられっぱなし(本人は気にならないみたいだけど)
だから不思議なものです☆

うちもそらさんは人間ぽいし、ちきは犬っぽい(笑)
そらさんは私達を見てそだったけど、ちきはそらさん見て
育ってるからしょうがないかー!なんて最近は笑って言えます!
ちょっとは飼い主も成長したかな〜。

飛び散り、押しつぶされ、粉々になったンコの片付けも
もう慣れたモンです(笑。

どんな怪獣であろうと、それでもやっぱり愛しいよね☆
ちきはとにかくまっすぐで一生懸命だから、
こにゃくそーーっって思う反面、すごく愛おしいデス。

体格的にはりっちゃんとそらさんがいい勝負だけど
やる気パワーでは、ちきもりっちゃんに負けなさそうだから
一緒にぶいぶいできる日を楽しみにしています☆

ところで、6キロ超えると抱き心地...めっちゃ良くない?(笑。

  • カヲ。
  • 2011/06/10 11:19 PM
実は家にも8才になったイタグレがいるけど生後半年くらいのイタグレをもう一匹飼おうかどうしようか悩んでいます。絶対先住犬がヤキモチ妬きそうで、怖さもあります。
  • nanamama
  • 2017/12/19 11:55 AM
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM