スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

尻尾骨折。

 JUGEMテーマ:イタグレ

今回の記事については、本当にステラを飼ってから一番後悔、失敗、反省したし、
皆様からお叱りを受けるような内容なので、自分のブログでもほとんど書きませんでした。
でも、情報共有…という点においては、イタグレでは最も多い尻尾骨折だと思うので、
自戒も込めて初めて書きたいと思います。
あと、途中ですっごくグロ画像があるので、ご注意ください。

ステラ6ヶ月時。
昨日まで曲がってなかったお尻尾が、曲がっちょる…。

あれ?あれれ??という感じでした。
触ってもほとんど痛がらないし、どうしよう…。

実は、イタグレは尻尾を骨折しやすいし、固定も難しく、壊死しやすいし、
治さないことがほとんどだってことは知ってました。
だけど、なんだか日に日に90度に曲がってくるお尻尾。


「でも」とつい思ってしまったんです。
「でも、まっすぐがいいな」って。
この時、あっさり諦めていれば、ステラはこの後つらい思いをしませんでした。

まず、普段のかかりつけ医で普通にテーピングをしてもらいました。


これがまずかった。
普通にテープを巻き付けただけで、数日間ごとに取り替え。
ただ、かかりつけ医の休みにぶつかって数日テーピング期間が長引いただけで、
既にほそ〜〜く、血が通っていない状態になっていました。


当然お得意のみなとよこはま送還です。

今までは「尻尾骨折して最終的に切断しました」しか書いていなかったと思いますが、
実はこの時点ではまだ尻尾はよみがえる可能性がありました。
K先生が一生懸命になって、レーザーで血流をよみがえらせる治療を施してくれたのです。
K先生曰く、五分五分で、この治療でも尻尾は助けられない可能性もあるけれど、まずは頑張ってみよう、と。
院長先生は、「本人は痛がってないし、切った方がいいよ」と言っていたのですが、K先生は頑張ってくれました。
(実はこれが、わたしがすごくK先生を信頼している元となっています)
1週間ほど、1日置きに通ってレーザー治療を受けました。

実際はどうだったんだろう…。

正直わからないのですが、ある朝、ステのお尻尾を見ると、こんなことになっていました。
(グロ画像注意!!)


自分で気にして噛んだか、間違ってどこかに当ててしまって、
再骨折&半分ちぎれたような状態になってしまっていました。

これは痛かったらしく、何かに触れてしまうと号泣…。
慌てて病院へ。

さすがのK先生も、この尻尾を見て
「これは…もう無理ですね。ちぎれてしまったような状態になっているし、切った方が無難です。
感染症も防げる。幸いステちゃんは尻尾の先の部分はもう痛みを感じていないし、
切っても毛がカバーしてくれるのでほぼわからない状態になりますよ」
とのこと。

先生の判断におまかせしました。

その日、即手術で日帰りオペとなりました。
麻酔から醒めた後。
「ステ、おねんねしてたでしか…?」

またエリカラっ子に…。
幸い、ステラはあまり尻尾を気にする様子は無く、痛がりもしませんでした。
なんとなく気にするときだけ、エリカラ着用。
このエリカラはマックmamaとtomoさんに、最初の骨折のときに頂いたものですが、本当に愛用しました。
カラーに通せるから首に負担が無いし、折り曲げられるからお食事のときもぶつからない。
みなとよこはまの先生達も、「いいな〜これ」って言ってました!

およそ1ヶ月、ほぼ1日置きに磯子に通い、テープの交換と消毒をしました。
これは…きつかった。
でも仕方ないので、1日置きに電車に揺られ、二人で頑張りました。
もとはわたしのせいなので、ステラには負担だったよね…。
でもステ子はこの磯子通いで、電車に乗ることに慣れてくれたよね…。超いい子!

テーピング、そこらのかかりつけとは異なり、こんな感じ。

わかるかな…。
巻いてあるのではなく、テープを縦に折り畳むように貼っています。
これだと、尻尾を圧迫しないので、血流が妨げられないんです。
テープを剥がすときも、丁寧に水をかけながらゆっくり剥がしていくので、
尻尾や毛に負担が少なく、さすがの技術でした。

実はこれはK先生の腕がいいんだと思います。
一度、K先生がオペに入ってしまって交換できなかった時、別の先生が担当してくれたのですが、
あっさり翌日に剥がれ、2日続けて磯子までえんやこらする羽目になったので…。

最初の2週間は1日置き、残り2週間は週に3回通って、無事完治しました。

やや短くなったお尻尾。

こんな感じ。

今はもっと目立たなくなっていて、本当にわからない。

尻尾骨折されて、治療を考えていて、この記事に辿り着いた方はわたしを反面教師にしてください!
尻尾先端の骨折は、本当に何もしないでそっとしておいた方がいい。。。と思います。
折れたばかりは本当にひん曲がってがっがり…ですが、
その後丁寧に長い期間マッサージをし続けた結果、ほとんど曲がりがわからなくなった!って方もいます。

ステの尻尾がほそ〜〜くなってしまった時は、本当に泣きました。
切断が決まった時は、とにかくステラが最終的にストレスを感じないなら何でもいい!と思ってました。

本当に、この手術のみは、全く必要がなかったし、わたしのエゴのせいでステラに無駄に負担を強いたと思ってます。

ステ、ごめん…。

ただ、この完治の数日後にまたしても前足骨折をやってくれた際には、最早何とも思えませんでしたが…。
(だってランの衝突なんて、どうにもできないじゃん!しかも相手はプードルだし。。。)

ちなみに、尻尾骨折の時点では保険の申請はしていましたがまだ加入済では無かったため、
通常の料金で、レーザーは忘れましたがオペ代2万強、以降のテーピング交換が1回2600円くらいでした。

以上、尻尾骨折についてでした!

書いた人:ナツミ。


スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 13:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
経緯は知ってたけど実際に写真は見たことなかったから
結構すごかったんだなぁって改めて思った〜。

しっぽどのくらい短くなったのかなぁって思ってたんだけど、
そんなに短く見えないね〜。もとが長めだったのかな?
きっと言われなきゃ気にならないと思う。

ステちゃんのことがあって
しっぽ骨折は本当に何もしないのが一番なんだなぁって思ったもん。
きっと参考になった人沢山いるね。
書きにくいことだったと思うけど書いてくれてありがとう。
  • iroha
  • 2011/06/08 5:37 PM
>irohaさん
ホント、この時は落ち込んだ〜。
しなくていい手術をさせちゃった訳だし。

ブログに書いたら「わかってたことじゃん」みたいに言われるかな〜とか、色々不安で、ここまではっきりと事の経緯は書けなかったんだよね。

でも、ちょっとでも他のイタ飼いさんの参考になれば幸いです。
ここまで極端な例はないにしても、慎重にねってことで。

今はホントに尻尾は目立たないよ〜、もともとかなり長かったんだよね。
今で普通くらいよ(笑)
  • ナツミ
  • 2011/06/08 9:35 PM
ステちゃん大変だったんだね。ものすごく痛そうな衝撃画像でした。
うちのもずさんも尻尾骨折してるんだけど、手術はしてないんだ。
これから手術しようと考えてる人もいるだろうから、凄く参考になるんじゃないかな。
  • もずパパ
  • 2011/06/08 10:43 PM
>もずパパ
見てるだけでも痛いのに、やっちゃった方はもっと痛いだろうと思うと泣けます。。。
しっぽはね〜、もう折っちゃったら潔く諦めるべし!だね。
本人が痛がってるなら、治療は必要だろうけどね。
  • ナツミ
  • 2011/06/09 2:20 PM
ステちゃん、頑張ったんですね〜!
そしていくら自分が悪かったと思われてても
飼い主的にはナツミさんのご苦労がうかがえます(涙)
書いていただいた記事を見ると、本当に
尻尾の骨折って難しい。。と思います…。
ウチのチャイも、微妙に先端が鍵しっぽになってます><

気が付いたのはやはり6〜7ヶ月を過ぎた頃だったかと。。

慌てて病院に駆け込んだら「骨折ではなく脱臼」と診断を受けまして。
かかりつけのお医者さんは、同じくイタグレ飼いの方なので
「残念だけどよくあることで、身震いした時なんかに
壁に当てたりするとなっちゃうんだよねぇ」と言われました。
ちなみに治療は、固まってしまって痛がってないのとそこまで曲がってないので
放置することになり、現在にいたります。

やはりイタわらはタメになりますなぁ…!
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM