スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「犬の応急手当」

あちこちでタレコミまくっていて、一部のかたがたには申し訳ないのですが
いい本だったので、コチラでも、ご紹介させてください。


コパンは、2歳頃から突然、神経異常の発作がしばしば見られるようになりました。
面倒なんで「てんかん」という言葉でくくっちゃっていますが、
その発作の性質は、起きてみないと分からない、二つの性質を持っています。

ひとつは、筋肉がこわばる痙攣症状。四肢がつっぱり、ヨダレがたれ
体温が異常に上がってくる…一般的に「てんかん」ていうと、
こっちの症状がメジャーかと思います。

もうひとつは、循環機能の低下による、貧血と脱力。
こっちの発作は、低体温・低血圧と、上記の症状とはまるで正反対です。

“発作が起きたとき、どうしたらいいのか?”
特に、痙攣発作は、見た目コワいので、飼い主の冷静さを欠きやすく
私もなれるまで3年かかりました。

逆に、脱力弛緩の発作は、コワくないけど、下がり続ける体温と血圧を
どうやって維持させればいいのか、
意識が戻ってくるまでの間、病院へ駆け込まず待ってていいのか、すごく不安になります。

そんな不安を全て解決してくれた本でした。
どのくらいの体温まで様子見できるのか、緊急性の高い症状は、どんなものか。
とても詳しく書いてあるので、図書館などでも見かけたら
是非、お手にとって見てください。
(4000円弱と結構いいお値段するので、中身見てからでも…ね・笑)


しつけや、洋服・小物の本は多く出ているのに、
こういった応急処置の本は、これまでになかったので、とてもありがたいです。
病気のほか、怪我や、生殖器のトラブルといった、ちょっとききたいけど
聞きにくい話なんかもあります。

イラストでみる、といっておきながら、
ところどころ、バッチリ写真が載ってるので、苦手な方はお気をつけて。

caerupanでした。
JUGEMテーマ:イタグレ

『ビン』と『スプーン』

段々と寒くなってきました。

季節の変わり目です。

皆様のお宅のイーヌはお元気ですか?



季節の変わり目はイーヌもヒトも体調を崩しがちです。



もしイーヌがお腹を壊した場合・・・

ウンチョスを持って病院に行った方がすぐに検査をしてもらえるのでよいです。

こんなウンチョスしたんですよ〜と言葉で説明をするよりも、ブツを見せて検査をしてもらったほうが早い。

そんな緊急事態に役立つアイテム・・・
それは・・・


『ビン』と『スプーン』

食べ終わったジャム等が入っていたビンを煮沸消毒してストック。
コンビニでアイスやデザートを買った時にもらえるプラスチックのスプーン。
皆様、慌てず勇気を出してそっとスプーンでウンチョスを拾ってビンに詰めて病院に行きましょう。

ちなみに、ウンチョスはちょっとの量で検査してもらえるのでモリモリ持っていく必要はないよ♪

あーさんでした☆

JUGEMテーマ:イタグレ
 

熱中症?心臓病?続編

JUGEMテーマ:イタグレ
 
まよこ&ラッシュです。
前回から時間がたってしまいましたが、続編をお届けいたします。

7月1日、夜間かかりつけの先生に診てもらい、詳しい検査を7月2日に予約しました。

旦那さんが朝9時に病院へ連れて行き、1日お預かりです。
検査内容は、胸腹部レントゲン尿検査血液検査心エコー腹部エコー

まずは1番気になっていた血液検査。
貧血による息切れなども心配していたのですが、赤血球、白血球異常なし。
分画と言って、それぞれの細かい内容も調べていただきましたが、異常なし。
続いてPLT。これは血小板で血を止める働きをするのですが、こちらも異常なし。
これが少ない子は血がとまりにくいので、怪我した時に血が止まりにくかったり、手術に支障が出ることがあります。
腎機能を示す、尿素窒素、クレアチニンも正常。
多飲多尿かな?と思ったこともあったのですが、血糖値も正常のため糖尿病も否定されました。よかった〜。
カルシウムも電解質も正常、肝臓の機能も正常。
尿に蛋白が出ていたようですが、血液検査で腎機能は正常なので心配はいらない、とのことでした。

次はレントゲン。胸とお腹2方向(上からと横から)ずつ4枚とっていただきました。
肋骨、心臓、肺などがみれます。心肥大を心配していたのですが、
肥大というほど大きくなく、肺炎もありませんでした。腹部も異常なし。

最後はエコー、超音波の検査です。
こちらも、心臓とお腹を調べてもらいました。
先生の所にはカラードップラーが導入されており、
心臓の血流の部分は赤く、流れがわかるようになっています。
弁に異常もなく、負荷をかけても血流に乱れはないようで、
心臓は全く問題ない、とのことでした。ほっ。

腹部エコーでは、胆嚢に泥のような溜まりがある、とのことでした。
胆石になる心配はないですか?と聞いたところ、これが石になる可能性はかなり低いとのことでした。
他の、腎臓、肝臓などにも異常はありませんでした。

ちなみに、レントゲンやエコーはもちろん画面をみながら説明を受けたのですが、
写真が撮れませんでした(´Д` )

(みなさん、どのタイミングで先生にお願いして写真を撮らせていただくのか教えていただきたいな〜、なんて)

あんなに大騒ぎして、お恥ずかしい話、多分、体力不足じゃないか、と¥(//∇//)¥

今回の検査では、頭部以外全身検査していただきました。
そして、少なからず心配な症状があったということで、保険適応。
我が家は、アニコム70%に加入しています。
今回のお支払い、6300円でした!(◎_◎;)
保険に入っていなかったら、気軽に検査したい、とは言えない内容。
ちなみに保険なしだと、23000円でした!(◎_◎;)


ご心配おかけしました。まよことラッシュは体力作りに勤しみます(`_´)ゞ



ヒート前、ヒート中、ヒート後のお話 後編。

 すぐに続きをアップする予定だったのですが、書き上げた直後に間違ってブラウザ閉じてしまい、
やる気をなくしていたナツミです、こんにちは。

前編はコチラになります。

ヒート前、ヒート中はそれほど大きな苦労も無く、ステラもナーバスにもならず平和に暮らしていたステチョス家。
問題は、ヒート終了後でした。

ヒートが始まってから4週間、世間では、そろそろドッグランもOKじゃね?って時期です。
今までずっと独ぼっちで寂しそうにしていたステラ、
さぞやストレスも溜まっているだろうと、ウキウキとドッグランへ。
ところが、そこに待ち受けていたのは、今まで見たことの無いステチョスの姿でした…。
いつもだったら、ランに行った瞬間お友達とご挨拶したくて吹っ飛んで行くのに、
ぼけ〜〜っと地蔵のように座っているか、私の後をひたすらついてくる、
何か乗り移っちゃったんじゃないかと思うくらい、飼い主大好き犬になってます。

だめ押しは、ステのオチリを追いかけ回す男子達…。
そもそも、人のオチリを嗅ぐのは好きでも、自分のオチリを嗅がれるのは好きじゃないステチョス、
オチリに近づかれるとイラっとする様子。
だったら逃げればいいのに、なぜか動かない。

まあ、この時は「ああ、まだ早かったのね、あと数日経ってからまた来ようね」とそそくさと退散。

ところが、この現象はおよそ2ヶ月間、延々変わることが無かったのです…。

男子の群がり方も変わらず。
少し違うことと言えば、普通ヒートに反応するのは未去勢男子だと思うのですが、
ヒート後、最初のうちは去勢未去勢関係なく群がっていたのが、
段々と去勢男子ばかりがマウントしてくるようになったってこと。
未去勢男子は、最初の10日間程度は少し気にしていましたが、
1ヶ月後にはステラのことは空気のようにスルーでした。

でも、ステラにとっては去勢未去勢関係ないし。
ランに行けば、すぐに誰かにマウントされたり、ずっとオチリについてこられたりで、
ステラの忍耐は切れてしまったようでした。
でも、ステラ、怒れないワンコなんです…。
嫌だったら、「イヤ!!」ってガウるか、振り払えばいいものを、それすらもできない。
ただ、こそこそと隠れるのみ…。

「誰もステのオチリについてきてないでしか?!」


途中からは、「もうランには行きたくない!」と、ドッグランにも入りたがらなくなってしまい、
行ったところで全く走らず。とぼとぼと歩くか座り込んでいるのみ。
動かないこと山のごとし。
ママチョスは途方に暮れました。
かろうじて海おさなど、いつもと違う場所では興味もあるらしく、チョコチョコっとは走るのですが、
今までの爆走を見ていたママチョスからすれば、走っているに入らないレベル。

とぼとぼ。

イタグレの走る姿が好きで、ステラが走る姿を見るのが好きで、
ステラ自身も、お友達や、お友達と走ることをとても楽しんでいて、いい笑顔を見せてくれてて、
その全てがいきなり無くなってしまって。

もちろん、ステラがいることだけでも幸せなんだけど、
なぜ急にステラが楽しんでいたことが消えてしまったのかがわからなくて、
毎日「どうして?なんで?ヒート迎えたから?こんなんだったら、お医者の言うことなんか聞かないで、避妊手術しておくんだった!」とずっと考えてました。
だって走ることもしないし、おもちゃにも見向きもしなくなったし、
ただぼけ〜っと寝て、起きたらおやつ頂戴、か、ご飯頂戴、のヒーヒー鳴きのみ。
こんなステラ、悲しいよ〜〜!

ここまで元気が無いってことは、もしかして、病気なんじゃないか、くらいまで疑いました。

あまりのしょぼくれぶりに、お医者様に相談しても明確な答えは出なかったのですが、
「イタグレは走って体型を整える犬種なので、全く走らないって言うのはちょっと問題ですね〜」
と言われる始末。
そうだよね、こうやってただ食べ物食べてるだけじゃ、太っていく一方だよね…。

ところが、2ヶ月強経ったある日、正確には肉部の合宿あたりからですが、急にまた走れるようになったのです!
原因は全く不明。

心当たりとしては
1)肉部男子に揉まれたおかげでちょっとずつ意思表示ができるようになり、嫌と言えるようになった。
2)偽妊娠期間だった。

2番目の可能性が高いです…。
だって、あまりにも急に走るようになったんだもん!

「ステ、ぽんぽんにあかちゃんいるでしから。はしったりできないでし。」
(注:いません)

ということで、2ヶ月心を痛めた私ですが、理由もよくわからないままに、ステは元のステとなりました…。
毎日おもちゃも押し付けてくるようになった(これはこれでめんどくさい…)し、
お友達と走ることも大好きに戻ってくれた。

ほっとしました!

ヒート後に、うちの子すっごく元気がなくなっちゃった、って方、
ステラのような例もあるので、気長に見てみるのもひとつの手段です。

肝心の避妊手術ですが、今はまだ決めあぐねています。

・健康な身体なのに、麻酔を打ちたくない
・ほんのちょっとだけ、赤ちゃんを見たい、という夢を捨てきれない
・手術後に太ってほしくない

などなど。

次のヒートは9月あたりかと思うので、決断はそろそろしなくちゃいけないんですが、
一度夢見始めちゃうと、なかなか難しい…。

こうやって悩んじゃうなら、やっぱり早いうちに手術しても良かったんじゃないか、
など、色々考えることは多いのです…。

書いた人:ナツミ。


ヒート前、ヒート中、ヒート後のお話 前編。

JUGEMテーマ:イタグレ


女の子を飼ったら悩むのがヒート。
ヒートが来る前に手術する飼い主さんも多いかと思いますが、結構ヒートを迎えるワンコもいます。

今回は、我が家のヒート経験のお話。

うちはそもそもヒートを迎えさせる予定はありませんでした。
避妊手術前提だったし、2回目の骨折時に、同じ麻酔をかけるなら、同時にしてくれ!と思ってドクターにお願いしたり。

ただ、お医者様の意向で、
「骨折後は体重管理が大変。避妊手術の跡は体重増加の傾向が多いから、とりあえず初回のヒートは迎えてほしい」
と言われ、意に染まないヒートお迎えとなりました。

ステラは非常に初ヒートが遅く、ようやっと来たのは1才4ヶ月のとき。
なかなか来ないので、心配しまくってお医者様に相談、
「もしかしたらもう初めてのヒートは来ちゃった可能性がありますね!」
と言われ、んなことあるか…??毎回チッチした後にオチリ拭いてんのに…??と思ったことも。
実際ヒートが来てみて、「こんなん気がつかない訳があるかい!!」って感じでしたけれども。

ヒートが来る3週間くらい前から怪しい兆候はありました。
いつも仲良くしている未去勢の男の子が、ものすごくマウンティングするようになったんです。
それまでは、ステがマウンティングすることはあれど、その子がすることなんてほとんどなかったのに…。
ヒート直前なんて、転がされて服の下に鼻突っ込まれてました。

あ〜〜、これは近いんだろうな、と。
まあ、いつ来るかはわからなかったので、普通に遊ばせてました。

ヒート前日も、ワンコの集まりに行ったり、その後のカフェで男の子と机の下でエロイ感じになってみたり…。

その翌日からヒートでした。
期間は4/3〜GWまで、ヒート期間(ヒート後の危険期間も含む)と判断。

ヒート中のワンコは、ストレスを感じたり、食欲が減退したり…と色々あると効いていましたが、ステラに大きな変化は無く。
少し行動がゆっくりだったかな。。。
ストレスだったのは、オムチュだったりおパンチュだったりを履かされるときくらい。
食欲もまるで落ちること無く、運動しないせいでムチムチと太っていきました。

オムチュ着用。すぐ脱げる。
ちなみにオムチュのサイズはSSです。もしくはミニサイズ。一番小さいの。
それでも、イタグレは身体に合わないので妙に腰履きになってしまいます…。

お散歩も、時間をずらして…というか、冬の間昼の12時くらいに散歩に行っていたので、そのままそれを継続。
まあ、ほとんどワンコには会わず。

「いつもひとりぼっち…。ご挨拶したいでし」

すれ違うことはあっても、相手のワンコがエキサイトしてしまう、等の怖い思いをしたことは無かったです。
一度だけ、お花見のシーズンに青山墓地を抱っこして散歩していたら、
ノーリードのダックスがバーッと駆けよってきて私の足下をグルグル回りながらギャン吠えし続け、
噛まれるんじゃないかと思ったことはありました。

ハッキリいって、これはノーリードの方が悪い!と思うので、ヒート中に外に出してたことは反省してません。

ノーリードの面倒まで見切れないっつーの。

飼い主のストレスは、まあ、そこそこあったかも。
1つは臭い。
やっぱり、生臭さがかなりあります。
特に出血が一番ひどかった7〜9日あたりはきつかった。
基本的に床にタオルを敷き、よっぽどひどいとき以外は真っ裸のまま過ごさせてました。
自分でしょっちゅう丁寧に舐め舐めしていたので、飛び散る、というようなこともほとんど無かったです。
ただ、それでもぽたぽたと落ちることはあったので、ふと気がつくとしみが。
というようなことは多く、よく洗濯機を回してました。

と、中途半端なところで後編に続く。

書いた人:ナツミ。





熱中症?心臓疾患?

 JUGEMテーマ:イタグレ

まよこ&ラッシュです。

まだ6月なのに暑い日々が続きました。
人も犬も危険な熱中症。
かなり気にかけていましたが、節電も必要で、どれがベストか悩んでいたところでした。

【熱中症対策 その1】
500のペットボトルに水をいれたものを凍らせ、タオルに包み、はじっこは結びお部屋に入れて行く。


【熱中症対策 その2】
窓を開けて扇風機をまわしていく。


【熱中症対策 その3】
首にタオルに包んだ保冷剤を巻いていく。


【熱中症対策 その4】
クールマットを購入、敷く。


など。なかなかどれもしっくりこない(´Д` )

その3は、もし、途中ではずれ、保冷剤がポロンと出ちゃったとき
食べちゃわないかが不安で一緒にいるときしか実行できず。


最近、涼しくなってから散歩に出てもかなりハーハー言うようになり、気にしていたところ
夜自宅でも同じ症状。グッタリとまではいかないけど、なんとなく様子が変でした。
ハーハーが止まらず、時々胸の動きが不規則でおかしい。

先ずは体全体を触り歯茎をみるも、あつさ、乾燥なくいつも通り。
腰のお肉をつまみ手を離すもすぐに戻り、私の中で脱水や熱中症はないかなーと。

ハーハーってのが、人間で言う息切れかな、と考え聴診器で肺の音を確認するも雑音はなし。

大丈夫なはずなんだけど自信が持てず、不安はつのるばかり。
夜10時過ぎだったけど、やはり診てもらおう!とかかりつけ医に電話。
状況を説明すると、すぐに来て、と言っていただき行きました。

到着すると、なんと院長先生は外に出て待っていてくれましたヽ(;▽;)ノ
一通り説明し、診てもらうも熱中症もなさそう、とのことでした。

ただ、最近のお散歩などの様子から、肺や、心臓疾患が心配なことを伝えると、
一度詳しく検査しましょう、とのことで、7月2日検査して来ました〜!

検査内容、結果、金額などは次回に続きます(`_´)ゞ





トウモロコシの芯は危険です。

※注意※ 文中に嘔吐物の写真があります。

犬が食べたら危険な食べ物というのは良く知っているつもりでした。
中毒があるチョコレートやたまねぎ、消化されない金属や布。
でもなんでも口に入れるトリはもう布を噛んだりしなくなったし、
チョコレートは高い場所にある扉付きの棚に入れるなど気をつけているつもりでした。

その日、寝室でルパトリと一緒に寝ていた私は二匹がいないことに気付きました。
慌ててリビングに行ってみると、前日にキッチンカウンターの上に放置した
とうもろこしの芯をルパンがくわえてる!
あわてて取り上げるも既に半分がルパンとトリッシュの胃の中に。

↓ 上がルパンがくわえていたもの。半分は食べてます。



その後、ルパンはかなりの量を嘔吐したため「もう全部出たかな〜」と安心し、
「とうもろこしの芯を食べたけど吐いた」とツイッターで発言したところ
フォロワーである獣医さんから「とうもろこしの芯はやばいから、
続くようなら病院へ行った方がいい」とのツイートが。
焦ってネットで調べると、
“芯は消化できないため、腸閉塞になり開腹手術になりうることもある危険な食べ物”
と初めて知りました。

その後の数日間は、元気だったトリッシュの嘔吐からはじまり
朝晩と病院に行きレントゲン、
芯は胃になかったもののトリは胃にガスが溜まり開腹手術の可能性ありうる
でも、なす術はなく経過観察、
さらには嘔吐による脱水、
ルパンが一気に痩せてしまう・・・・
などなど本当に反省と後悔で、ルパトリにも何度も謝り、自分まで体調を崩しました。

結果、二匹とも数日後には嘔吐もなくなり、現在はすこぶる元気です。

今回ネットで調べるととうもろこしの芯は誤飲の開腹手術原因として多いようです。
丸のみしたわけでなくとも小さいものでも危険です。
実際、トリが吐いたものはこんな小さいものです。


そして怖いのが、異物を食べてから何も症状がなかったのに、
数週間後に突然症状が出ることもあるということです。
とても元気だったのに突然嘔吐がはじまり原因がわからないまま病院に連れていくと
異物を飲み込んでいて腸閉塞になっていて緊急開腹手術、という例もあるようです。
また、芯の他に果物の種も危険です。

汚い画像も載せてしまいましたが、一人でも多くの方が危険性を知って頂けたらと思います。

そしてルパトリ、本当にごめんなさい。
こんな飼い主ですがこれからも宜しくお願いします。


保険のハナシ

JUGEMテーマ:イタグレ


イタグレを飼おうと決めてから、いろんなブログを見てバーチャル飼い主体験すること約1年。
運命のコに巡り会えないおかげで知識だけは豊富になっていき
イタグレ=骨折と言っても過言じゃないくらい骨折が多いことを知りました。

なので、イタグレを迎えた時は絶対に保険に入ろう!と決めてました。
キャンさんが初年度に骨折したこともあり、保険のありがたみは身に染みてたので
六花を迎えた時も迷うことなく加入。

ペット保険で一番多いのはアニコムさんじゃないかと思うんだけど、
我が家はショップから勧められるままにアイペットのペット保険「うちの子」70%プラン。
70%を保険会社が負担してくれるというだけあって保険料も結構高いんだけど、
キャンさんの場合0歳時は骨折、今回は避妊手術をしたのでわりと助かってる方かなぁ。

普通の避妊手術や健康診断では保険が下りないんだけど、
獣医さんによっては治療の一環とみなしてくれて保険を適用してくれるところもあると思います。
今回の避妊手術は不正出血やヒートの期間が長かったこともあって
蓄膿症の治療という名目での手術だったので保険が適用されました。
手術料以外にも、術前検査(二回目の血液検査も含む)も適用でした。

今回の手術(検査含まない)で支払ったのは10,008円のみ。割引額は23,352円でした。
ね〜、70%は大きいでしょ?

手術の他にも血液検査やレントゲンなんか撮るとあっという間にお金が飛んでいくけど、
「なんか元気ないような気がするんです」と一言言ってからの検査であれば大体保険適用になると思います。
せっかく保険に入っているのであればダメモトで保険使えるか聞いてみないと損ですヨ!

もちろん保険を使わないで良いくらい健康でいることがベストですが、
保険に入ってることで、大したことなさそうな時でも一応病院行ってみようかって気になるし
私は、何かあった時のお守りとして入っておくのも手だと思ってます。

ただ、保険料は年々上がっていくので多頭飼いだと金銭的にキツくなってくるのも事実。
ペイできなくなってくるようだと負担にしかならないので、
怪我しないような年齢になったら止めようかなぁとも思ったり。。。
上がらないような保険もあるのかなぁ?
みなさんはどう思われますか〜???


(´-`).。oO(irohaでした〜。


☆追記☆
名前の挙がった保険会社をリンクしておきます。
アニコム」対応病院ならその場で割引。選べるプラン 90%・70%・50%。
アイペット」対応病院ならその場で割引。選べるプラン 70%・50%。
PRISM」保険金は後から請求。年齢が上がっても保険料は一定。プランは4タイプ。
PS保険」提携病院ならその場で割引。掛け金が安い。50%・70%・100%のプランあり。


お股問題

 まよこです。

お股の問題について書いてみようと思います。



こんなセクシーなお尻の持ち主、ラッシュですが、おチンに問題があります。

生後半年くらいからおチンにカスがよくたまり、飼い主はおチンを洗い続けました。
しかし、去勢をしたあと全く出なくなり、一安心、、、
と思ったら、もっと深刻な問題が、、、発生しました。

ラッシュは一日二回以上はお股の中身を全部出します(´Д` )
そして、しまい切れないのです。
ほとんどの時間、赤いもの(1cmくらいかな?)が出ているんです、、、。


かかりつけの先生に相談したところ、濡らして入れてあげるしかない、と。
このままだと、入れようとしてもしまえなくなる、と。

濡らすのも、グリセリンや食用油など。
今のところ水でもしまえるのですが、一時間もしないうちに、また出す、の繰り返しで。
すこーし長くほっておくと、乾燥してかさぶたみたくなる始末(T ^ T)

現在のところ解決策を見い出せず。

こんな悩み書いちゃってすいません囧rz

このおかげか、カスは全く出ません(´Д` )


JUGEMテーマ:イタグレ


コテコミ家の去勢事情〜みっちゃんの恥ずかしい話〜

犬を飼うと誰もが考えなければいけないこと。
虚勢・避妊手術をするか否か。

我が家もコテちゃんの時はそれはそれは悩んで決断しました。

手術の同意書にサインをする時は心配で泣いちゃうくらい。

1泊の入院から帰ってきたコテちゃんは痛そうに寝てばかり。
オシッコもなかなかしないし、食欲もあまりない。
正直、手術なんかしなけりゃよかったと後悔しました。

そして、我が家の遅れてきたルーキー・みっちゃん。


すくすくと爆裂に成長してたもんだからコテちゃんとは比べ物にならないタマの大きさ。
生後6ヶ月くらいを目安に考えていましたが、みっちゃんは5ヶ月で手術を決断。



しかも、カフェでお茶してる時に明日手術しちゃう?ってな感じで・・・。



長男の時はあれほど悩んで悩んで決断したのに次男になるとこんなにも軽く決断できるなんて・・・。
そんなわけで出勤前に病院に預け、仕事が終わったら引取りにいくという日帰り手術。
コテちゃんの時は一泊だったのに・・・。

でも、みっちゃん術後もあっという間に元気になりました。
6時間くらいは麻酔でややぐったりしてましたが、走るし、オシッコもするし、ごはんも食べてました。



同じ手術でもやはり痛みに関する個体差など色々あるのかもしれません。


ここからは余談。
実はみっちゃん生後3ヶ月くらいからおちんちんの先から白く濁った液体がついていることがありました。
明らかにオシッコではないのはわかるのですが、何か濃とかそういった類のものなら病気かもと心配をしていました。

病院に先生にみてもらったところ、恥垢とのこと。
出ない子は出ないのですが(コテちゃんは出たことなかった)、代謝や分泌物が活発な子は出たりするらしいです。

病院で先生が洗って清潔にする処置をしてくれました。
処置は、普通に精製水を包皮の中に入れてクチュクチュしてジャ〜っと出すだけ。
そして、この恥垢が溜まるという症状は虚勢手術後にほとんどなくなりました。
でも、完全になくなったわけではなくたまに出るんですけどね。
そんなわけで、みっちゃんがチンカス太郎なんて呼ばれていたのはもう過去の話です。

男の子を飼ってる飼い主さんはおちんちんの先からなんか出てても慌てず対処してくださいね。
病気ではない場合もありますので。

あーさんでした☆

JUGEMテーマ:イタグレ
 

| 1/2PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM